そもそもわきがの原因は?

わきがの臭いはわきの汗の臭いだと思っていませんか?
実は汗そのものは無臭なのです。お風呂やサウナ、ジョギングやダンスで大量に汗をかいても臭くないでしょう?

 

汗をかいた後そのまま放置しておくとすこしずつ臭くなってきますよね。
肌についている細菌が汗を栄養素として繁殖します。細菌が繁殖する時にニオイ物質が放出されます。

 

これが時間とともに衣類などがすこしずつ臭くなってくる原因なのです。

 

わきの下には アポクリン腺とエクリン腺という汗腺と皮脂腺の3つの分泌腺があります。
エクリン腺からでる汗は体温調節の為に必要とされる汗で運動時や暑い時に出ます。
この汗は99%が水分と1%の塩。サラっとして粘りけがありません。
この汗は無臭ですが 皮脂腺から出る皮脂と合わさる事で臭いが発生します。

 

わきが特有のツンとした臭いはアポクリン腺からでる汗が原因です。
アポクリン腺から出る汗自体は無臭ですが 汗の成分が脂肪、鉄分、タンパク質、糖質、アンモニアなどで出来ていて この成分が皮膚に常在している細菌と合わさり分解されることで、わきがの臭いを発生させます。
アポクリン腺から出る汗は粘りけがあり、衣類の黄色い汗染みや黄ばみの原因となります。

 

また、皮脂腺からは油脂成分が分泌されるのですが分泌液に含まれる脂肪分が細菌を繁殖する原因ともいわれています。

 

わきがは遺伝するの?

わきがは病気ではなく 体質です。
わきが臭のもっとも強い原因のアポクリン腺の量が人によって違うからです。
アポクリン腺の量が多ければそれだけ分泌される汗の量が増えるため臭う確率が単純に上がります。
そして、このアポクリン腺の量は遺伝するのです。
両親のどちらかがわきがの場合は50%。両方がわきがの場合は80%の確率で遺伝します。
両親がわきがでなくても 祖父母、親戚にわきがの人がいれば わきがになる可能性が考えられるのです。
ただ、体質が遺伝しても必ずわきがになるという訳ではありません。
アポクリン腺の量が少ない人でも生活習慣や食生活で臭いが強くなったりもするようです。

 

わきが対策

わきがの臭い対策には様々な方法があります。
軽い臭いから重度の臭いまで 人によって様々です。症状によっての対策が変わってきます。

 

対策のポイント

  • 食生活、生活習慣の見直し
  • わきがの治療、手術
  • 脇毛の処理
  • 消臭
  • 殺菌
  • 制汗

となります。

 

食生活、生活習慣の見直しも必要

生活習慣や食生活でアポクリン腺が刺激され、わきが発症の原因になることもあります。
・食の欧米化
・ストレス
・喫煙
・ホルモンバランスの乱れ
逆にこれらを見直すことでわきの臭いが軽くなることがあります。

 

特に食の欧米化でわきが体質の人が増えているそうです。
(遺伝したアポクリン腺の量が増える訳ではなく、アポクリン腺の刺激で発症する人が増えているということです。)

 

欧米では70%〜100%の人がわきが体質(日本人は10%)。
動物性脂肪(肉類、乳製品に多く含まれる)を多く摂りすぎると 汗腺が大きく太くなり、皮脂腺の動きを活性化される原因といわれています。

 

これにより、汗の臭いやわきがの臭いが強くなります。
動物性タンパク質を多くと摂りすぎると多汗の原因になります。

 

日本の食生活で摂れる、穀物、野菜、魚には わきが体質の改善に有効とされるポリフェノール、β―カロテンなどの栄養素が多く含まれています。
規則正しい、栄養バランスの整った、アルカリ性食品を中心にした食事を心がける事で体臭を予防する事ができます。

 

ストレス、タバコのニコチンもアポクリン腺を刺激してわきが発症の原因となります。
女性であれば生理中、妊娠中のホルモンバランスの乱れで、わきがが発症しやすくなるようです。

 

わきがで悩んでいる方は まず日頃の生活習慣、食生活を見直して改善してみる事です。

 

 

わきがの治療、手術について

わきがは病院で治療してくれます。

 

手術自体に色々な方法、費用やリスクに違いがあります。高額な費用がかかるかも?と思うだけで病院に行くのを躊躇してしまいますが、症状、治療の仕方によっては保険も使える場合があります。わきがかと思っていたら違った、という事もありますので 深刻に悩んでいる人は一度病院で相談してみても良いと思います。

 

手術の費用も保険診療で3万〜5万円程度、自費診療だと30万くらいとか、治療の内容によって違ってきます。

 

保険診療を希望する方は、病院やクリニックによって保険診療を行っていないところもありますので、事前にリサーチして下さい。
保険診療を行っている病院やクリニックでも保険適用されるかどうかはお医者さんの判断となるようです。

 

Aの病院では保険適用と判断されなかったが Bの病院では保険適用と診断されることも。インターネットで調べれば保険適用してくれる病院のリストなども出てきますので活用して下さい。
治療方法によって メリット、デメリットがありますので 自分で調べたり、担当医の方とよく相談したほうが良いようです。

 

わきがの治療は皮膚科か美容外科で行います。
診療が初めて、という方はまず皮膚科に行きましょう。

 

症状の診断 → 薬の処方 → 治療 → 手術 → アフターケア という流れとなります。

 

臭いが軽度の場合は 汗を抑える飲み薬やわきの消毒を行う塗り薬(塩化アルミニウム液や抗生物質、プロバンサイン)、の処方を受けられます。
精神面や自律神経にはたらきかける飲み薬を処方される事もあります。

 

軽〜中度のわきが治療方法は ボットクス注射、電気凝固法、レーザー治療があります。

 

ボットクス注射について

ボツリヌス菌の毒から生成された成分を注射して汗の分泌を抑えます。
治療時間が短い(麻酔無しなら片側5分程度)、傷がのこらない、効果が早く出ることが特徴。
ボツリヌス菌は吸収排出されるため 効果がずっと続くわけではありません。個人差
で半年から1年の効果となります。
  費用 3万円〜

電気凝固法

  脇の毛穴に電気針を刺し、高周波電流を通してわきの脱毛、アポクリン腺と皮脂腺の破壊を行う治療法。
  わきがの治療と脱毛を一緒に行うことができます。傷跡は残りません。
  複数回に分けての治療になります。アポクリン腺を熱凝固させているだけなので、数年したら汗腺の活動が始まる可能性もあります。
  費用 3万円〜

レーザー治療

  「ミラドライ」と「レーザー・デオドラント」の2種類。
  アポクリン腺とエクリン腺にレーザーを当てて汗腺を破壊します。治療時間は10〜30分程度。3回〜5回程度の治療が必要。傷跡は残らない。
費用が7万円〜15万円と高額。再発の可能性あり。

 

中〜重度のわきがの治療法には 剪除方と皮下組織吸引法、超音波吸引法、皮下組織削除法があります。

剪除方

  脇の下を切開して裏返し、アポクリン腺を一ずつ取り除いていく。
  汗腺を高い確率で切除できる。
  3cm〜5cmの傷が残る。入院は必要ないが 傷口が落ち着くまで4日〜7日程度ガーゼを当てて過ごさなければならない。
  費用 30万円〜50万円(保険適用できることも)

皮下組織吸引方

  脇の下に小さな穴を開け、そこから管を通して汗腺、皮脂腺を掻き出しながら吸い取る。
  剪除法より広い範囲の治療が出来るが、アポクリン腺を全て取り除くことは困難なことが多く再発の可能性がある。
  傷口は目立たない。通院が必要。
  費用 15万円〜

超音波吸引法

  皮下組織吸引法をベースにした方法。管の先端に超音波を発生させて、アポクリン腺を破壊しながら吸引する。
  全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいと言われ、技術の差で火傷、合併症のリスクがある。
  傷口は目立たない。通院が必要。
  費用 18万円〜30万円

皮下組織削除方

  脇の下を1cm程切開してう カミソリの歯と皮膚を押さえるローラーを組合わせた器具を使い ローラーを転がしながらカミソリ部分で皮下組織ごと汗腺を除去する。
  傷口が小さく、高い効果を期待できるが 術後、ワキを1週間ほど固定する必要があり回復までの時間がかかる。
  ドクターの技術によっては、器具の操作の誤りから皮膚に穴があくなどのトラブルの報告もある。
  費用 20万円〜40万円

 

どの治療、手術を行っても“無臭”になる、と言うことはありません。自然な体臭レベルになる程度。夏などは軽い消臭ケアは必要となります。
アポクリン腺は生成能力が非常に高く再発のリスクは必ずありますので アフターケアのしっかりした病院を選びましょう。

 

 

脇毛の処理について

わきの臭いの原因は細菌の繁殖です。

 

脇毛は細菌の餌場になってしまいますので処理しましょう。
処理することで通気性もよくなり細菌の繁殖しやすい湿った環境を改善することもできあます。

 

毛抜きで抜くのはNGです。抜くことでアポクリン腺を刺激して汗の量が増えてしまうことがあります。
だからといって脱毛するのはちょっと、という方はカットするだけでも効果があります。

 

カミソリで処理する時は肌にダメージを与えないように細心の注意を。
カミソリを清潔にして、皮膚を傷つけないように剃って下さい。

 

消臭・殺菌・制汗

わきが対策の要は汗を抑えて、細菌の繁殖を防いで、なおかつ出てくる臭いを抑える事です。

 

殺菌にはまずお風呂

 脇の下を清潔に保つにはお風呂かシャワー。
 シャワーよりお風呂に浸かったほうが 毛穴に詰まった皮脂やタンパク質が落ちやすくなりま。
 汚れと皮脂を溜めない、強くこすらない、十分なすすぎがポイント。

 

 石けんを良く泡立てて、肌に刺激の少ないタオルか素手でやさしく汚れを落として 十二分にすすぐ。
 ゴシゴシこすりすぎると乾燥して余分な皮脂が分泌されて臭いを発する細菌の餌になってしまいます。
 すすぎ残しの洗浄成分も同じです。よーくすすいで下さい。洗い方も気をつけると臭いが出にくくなります。

 

わきが対策グッズ

 コンビニ、ドラッグストアには、わきが対策グッズがあふれかえってます。
 手術のリスクを考えると わきが対策クッズでなんとかなるなら、と思いますよね。

 

制汗シート、制汗スプレー、ロールオン、スティック、クリーム。
どれを選んでいいか迷ってしまいます。

 

制汗シート

わきの汗を拭き取ってさっぱりしますが、制汗、消臭の持続性はないですね。

 

制汗スプレー

効能に“腋臭(わきが)”って書いてあるのに効かない。
汗を抑えるのに汗腺を塞ぐのですが スプレーは液体なので汗腺を塞ぐ効果が薄いのです。
持続性がないから何回も使わなければいけないし、もって歩くのも嵩張ります。

 

ロールオン

糊みたいで塗るときにベタつきます。アルコール成分が多いのでしょうか 他の製品より刺激が強いような気がします。

 

スティックタイプとクリームタイプです。

 

汗腺を防ぐ効果が高いのはこのふたつ。
スティックタイプは保湿性がいまひとつ。

 

お肌が乾燥すると皮膚を保護するために皮脂腺から皮脂が分泌されます。皮脂とアポクリン腺から出る汗が混ざるとわきがの臭いが酷くなりますから 保湿成分が含まれる クリームを使用するのがベストです。
嵩張らないのも良いですよね。

 

市販品のわきが対策グッズを買う場合、無香料のものを購入して下さい。
わきが臭とスプレーの香りが混ざってしまい、酷い臭いになってしまいますので注意を。

 

 

軽度のわきがの人なら市販品で効果があるかもしれませんが、中〜重度の方は難しいですよね。市販の物が効かない人にはネットでわきがクリームを買うのがオススメです。

 

ネットで売っているわきがクリームなら ちょっとお値段は高めですが 殺菌力のある成分を含んでいるので消臭力も高いし消臭効果の持続性も長い。
1日1回〜2回塗るだけで臭いを抑えられます。
アレルギーテストをしている、子供が使って安心な成分で作られている、無香料の物、容器の形状などに気を使っている物が多いです。

 

 

こちらも商品がたくさんあるので、口コミやランキングを参考に、無香料、保湿力、殺菌力、制汗力、容器の持ち運びやすさ、肌へのやさしさを目安に自分にあったものを選ぶのが良いと思います。

 

ラポマイン、クリアネオ、海露、ノアンデ、デトランスαは評判がよいので検討してみて下さい。

 

 

購入時の注意として、Amazonや楽天で購入する方法もありますが、公式サイトで購入するのが一番お得です。
公式サイトなら 送料、振込手数料無料などの特典があります。

 

もし肌に合わないなどのトラブルがあった時でも 返金保証がついているサイトが多いです。

 

Amazonや楽天など他のサイトだと、1本の値段は安いかもしれませんが特典はついていません。

 

ネットでわきがクリームを買うときは是非公式サイトで購入して下さい。

 

 

すそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがすそわきがスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガスソワキガ消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム消臭クリーム